仕事辞めたい 収入への不満

給料に不満があって、仕事を辞めたい!

給料に不満

仕事を辞めたい!
そう考えた理由が、

 

「収入(給料)が低いから」という人は少なくないでしょう。

 

とは言っても、
給料が少ない理由は1つではありません。

 

どうすれば良いか?を考える前に、

 

あなたが給料に不満を持つ理由を確認してみましょう。

 

そもそも給料が安いケース

皆さんは就職する前に、
具体的に給料がいくらもらえるか?
確認しているはずですよね。

 

その時に、給料が安いのを知った上で、
他に就職先が見つからない等の理由で、就職してしまう場合もあるでしょう。

 

納得した上で就職してみたものの、
やはり、給料に不満が出てしまった・・・というケースがありますね。

 

>>そもそも給料が安い場合の解決方法

実際にもらった給料が安かったケース

就職するときに、
提示されていた給料よりも、
実際にもらってみたら、約束と違っていた・・・

 

そのようなケースもありますね。

 

各種、保険や税金などを引かれて、
手取りとしての収入に、差額が出るのは当たり前ですが、

 

何かしらの理由を付けられて、
約束されていた給料がもらえない悪質なケースもありますね。

 

また、就職して何ヶ月か、何年かなど
一定期間が経過すれば、給料が上がると説明されていたのに、
いつまでも給料が上がらない・・・というケースもありますね。

 

>>実際にもらった給料が安かった場合の解決方法

仕事している時間に対して割に合わないケース

先のケースとは別に、
給料も安くは無いと納得し、約束通りの給料をもらえているのに、
不満が出るケースに、

 

拘束時間を考えると、給料が安いと考えるケースがありますね。

 

サービス残業があったり、規定の出社時間よりも早く出社を強要されたり、
営業職で、退社後の接待が多々ある場合や、

 

会社の花見や、飲み会の付き合い、休日のレクリエーションへの強制参加、
また、上司が退社するまで退社出来ない雰囲気がある。
・・・など、

 

近年、ニュースなどで話題になっているケースもありますね。

 

>>仕事している時間に対して割に合わない場合の解決方法

給料が下がってしまったケース

以前は給料に不満を持っていなかったのに、
会社の業績悪化や、合理化などで、
給料が下がってしまうケースもありますね。

 

また、勤務していた会社が、
他社と合併して給料が下がるケースも見られます。

 

この様な場合、自分自身は何も悪くないのに・・・
と、理不尽さを感じる事でしょう。

 

>>給料が下がってしまった場合の解決方法

自分の仕事内容に給料が見合っていないケース

自分は同僚よりも多くの仕事や、責任を負わされているのに、
それに見合った給料をもらえていない・・・
そう感じてしまうケースもありますね。

 

出世して高い役職に就いているならまだしも、
同じ役職の同僚よりも多くの仕事をしているのに、
給料が同じでは、やり甲斐を失ってしまいますよね。

 

>>自分の仕事内容に給料が見合っていない場合の解決方法

資格を収得したのに評価されないケース

仕事をしながら、スキルアップを目指して、
資格などを収得したにも関わらず、
その事を評価されなければ不満が出てしまいますよね。

 

それも、会社に勧められた場合や、
会社の規定で、資格を持つと手当が付くと定められているのに、
適応されないケースも見受けられます。

 

給料が上がらないケース

長年勤務しているにも関わらず、
給料がずっと上がらない・・・と不満を持つケースもありますね。

 

いつのまにか、会社の方針が変わって、
近年取り入れられた海外からの影響で、

 

実力・能力に応じた給料体系に変わってしまった企業も増えています。

 

自分が入社した頃は、年功序列の会社だったのに・・・と、
中年以降の方々に、当てはまる事が多いケースと言えます。

 

あなたに合った解決策を見つけて下さい

給料に不満があり、
「仕事を辞めたい」と、お考えの方・・・
あなたに当てはまるケースに合わせた解決策を探して下さい。


page top