仕事辞めたい 収入・給料が安い場合の解決法

収入・給料が安い場合の解決法

収入・給料安い場合の解決法

仕事を辞めたい!・・・
その理由が、
収入が低い・給料が安い
という方々への解決法を提案したいと思います。

そもそも給料が安いケースの解決方法


希望の金額がもらえる会社に就職できなくて、
とりあえず、妥協して就職した場合はどうするか?

 

今後、給料が上がる可能性があるか?

まず、今後、給料が上がる可能性があるのか?
確認してみましょう。

 

何年か過ぎれば給料が上がるなら、
その時まで、生活が可能なのか?を考えてみましょう。
可能ならば、それまで我慢するのも良い方法だと言えます。

 

営業職などで、あなたの成績が上がれば給料が増えるなら、
とにかく努力してみましょう。
(成績のよい先輩などからアドバイスを受けるのも吉)

 

給料が上がる可能性が無い場合

給料が上がる可能性の無い場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

なぜ、可能性が無いのか?を、分析してみて下さい。
その業界自体の平均収入が安い場合もあるでしょう。
また、会社の業績悪化などで、昇給が望めない場合もありますね。

 

この様な場合は、思い切って転職してみるしかないでしょう。

 

実際にもらった給料が安かったケースの解決方法


就職前に提示された給料よりも、
実際の給料が安かった場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

勘違いが無いか?確認してみましょう

初めて就職した方に多いのですが、
給料の総支給額と、手取りを勘違いしているケースがあります。

 

総支給額は、会社があなたに支給した全ての金額になります。
そこから、健康保険や年金、その他税金が引かれます。

 

全て引かれた残りが、あなたが実際に手にする事が出来るお金になります。

 

試用期間か?確認しましょう

手取りの事が分っていて、それでも約束と金額が違っている場合、
就職したばかりで、試用期間ではありませんか?

 

試用期間は、その名の通り、
あなたを試している期間だと思って下さい。

 

試用期間中は、本採用になった時より、
給料が低く設定されている企業が多いのです。

 

試用期間が何ヶ月で、試用期間中の給料金額がいくらなのか?
契約前の書類などを確認してみましょう。

 

それでも給料に違いがある場合・・・
その様な会社でいつまでも働いていてはいけません。
きちんと約束を守る会社に転職するという選択を取って下さい。

 

給料以外にも、約束を破られる可能性がありますよ。

 

仕事している時間に対して割に合わない場合の解決方法


実際に仕事をしている時間や、
会社にいなければいけない時間を考えると、
給料が安く、割に合わない場合どうすれば良いのでしょうか?

 

残業代がきちんともらえているか?確認する

サービス残業という言葉・・・今は知らない人はいないのではないでしょうか?
言葉の響きはキツいものではありませんが、これは、確実に違法行為です。

 

労働基準法37条には、「時間外労働(残業)、休日に労働した場合は割増賃金を支払わなくてはならない」
と、明確に記載されているのです。

 

しかし、サービス残業は当たり前、自分もやって来たし、他の会社もやっている事・・・。
という認識の上司や経営者も少なくありません。

 

タイムカードを押させないというケースもよく聞きますし、
規定よりも早い出社もサービス残業の対象になります。

 

この様な場合は、社員が団結して会社と交渉するのがベストな方法ですが、
それが出来ない場合が多いですね。

 

個人で解決するなら、弁護士に相談するか、
労働基準監督署に相談するのが良い方法です。

 

そんな事をしたら、解雇されてしまう・・・と思い、行動できない人が多いのですが、
働いた分の給料をくれない会社に、いつまでも働いていてはいけません。

 

すぐに次の仕事が見つからないし、探す時間も無い・・・という理由の方なら、
今は、ネットで転職する方法があります。

 

会社で働きながら、24時間、仕事探しが可能になっています。

 

また、サービス残業した分の残業代は、後からでも、会社に請求可能です。
メモに残すだけでも良いので、サービス残業をした日時と時間の記録を残しておきましょう。

 

会社の飲み会・接待・休日の付き合いなどに時間が取られるケース

仕事終わりに上司や同僚との飲み会がある・・・

 

お酒も飲めないし、行きたくない日や用事がある日も断れなかったり、
強要されたり・・・

 

また、会社の行事として、花見やバーベキュー、ゴルフなどの行きたくないレクリエーションがある・・・

 

さらに、お客さんの接待に行く事が多く、
帰宅が深夜になってしまう・・・

 

など、その会社(職場)にいるために、仕事とは言えない用事で時間を取られてしまう場合がありますね。

 

そういった事が好きな人なら、歓迎する事なのでしょうが、
お酒が飲めない人や、会社での付き合いは、会社にいるときだけにしたい人も多いですよね。

 

テレビの法律相談番組で見たのですが、

 

新入社員に「君の歓迎会をやるから、出席してね・・・」
と言ったら、「その時間の残業代は出ますか?」
と言われた・・・という上司の相談に対し、

 

残業代を払わなければいけないのか?という答えに、
弁護士の見解は、分かれていました。
(払わなければいけないという弁護士と、払わなくていいという弁護士と別れていました)

 

細かい事情によって、違いが出るという事なのでしょう。

 

また、上司が退社するまで帰れない雰囲気があるというケースもありますね。
同僚のみんなが、上司が帰るまで、仕事をしていたり、
仕事が無くても仕事をしているふりをしている事も聞きます。

 

この様な場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

割に合うか?具体的に計算してみる

会社の為に使っている時間を全て合計してみましょう。
そして、それを元に、時給だったらいくらになるか?計算してみましょう。

 

それを見て、納得出来るか?考えてみましょう。

 

会社という組織にいる以上、人とは関わりを持っていかなければいけません。
その関わる時間が本当に割に合わないのか?
具体的な数字で考えてみましょう。

 

また、会社の人間関係で関わる時間を無駄だと考える方は、
関わらない職業を探してみるのも良い方法です。

 

家で行う在宅ワークであったり、物作りの職人さんや、トラック運転手など、
関わりの少ない仕事もあります。
自分に合った職業を探してみましょう。

 

上司が退社するまで退社出来ない雰囲気がある場合は、
これはもう、サービス残業と同じ事です。

 

時給にしたらいくらになるのか計算して、
割に合わなければ、さっさと転職するのがベストです。
>>サービス残業の対処法はこちら

 

給料が下がってしまったケースの解決方法


以前は給料に不満を持っていなかったのに、
給料が下がってしまった・・・というケースもありますね。

 

その理由には、
会社の業績不振、合理化、
また、会社が他社と合併した為に、給料が下がるケースも見られますね。

 

また、あなたが何らかのミスや間違いを犯してしまった為に、
ペナルティとして減給されるケースもありますね。

 

この様な場合、どう対応すれば良いのでしょうか?

 

給料が元に戻るのか?考えてみる

このまま同じ会社にいて、
給料が元に戻るのか?考えてみましょう。

 

一時的な業績不振で、
期間が決まっている減給なら、そのまま我慢するのが良いと思います。

 

なぜなら、以前には不満の無い給料を支払ってくれていた実績があります。
転職しても、望む給料を得られるとは限りませんので、
安全策を考えるのも大事でしょう。

 

しかし、業界自体が低迷していて、
今後は、もっと厳しい事が予想されたり、

 

経営陣の怠慢などが原因で、
給料の改善が望めない場合は、

 

早急に転職を考えた方が良いでしょう。
(儲かっていない業界にいては、給料の改善は望めませんよ)

 

減給の原因が、あなたに無い場合は、
会社にしがみついている必要はありません。

 

あなたに原因がある場合は、
きちんと償いをし、みそぎが済んでから、
次の行動を考えて行きましょう。

 

自分の仕事内容に給料が見合っていないケースの解決方法


同じ給料の同僚よりも、部下の指導を任されたり、仕事を多くこなしていたり、
責任を持たされたり・・・

 

勤務時間が同じでも、
明らかに同僚よりも多くの仕事をしているにも関わらず、
給料が同じでは、やる気が失せてしまいますよね。

 

自分がこなしている仕事内容に、
給料が見合っていない場合の解決方法を提案します。

 

上司に願い出てみる

この様な場合、まずは上司に相談してみるのが良いでしょう。
しかし、
その時に、ただ思い付くままに話をしてはいけません。

 

少なくとも、あなたのこなした仕事について、
具体的に紙に書いて、説明をするようにしましょう。

 

自身の仕事が忙しく、あなたの働きに気付いていない上司もいます。
気付いてもらう・・・まずはそこから始めてみましょう。

 

 

 

最低賃金より安くないか?
都道府県の最低賃金を確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

正当な評価をされていないのか?

 

能力を発揮できない環境なのか?


page top